にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

HSP(Heat Shock Protein)――ヒート・ショック・プロテインで免疫力を引き出そう

HSP(Heat Shock Protein)――熱ショックタンパク質と日本語に訳されるタンパク質の一種。

健康に興味のある人でも聞きなれない単語かもしれません。

しかし、それならばこの機会にぜひ覚えておいて欲しい用語です。


熱ショックタンパクとは、ストレスに対して細胞保護のために発現するタンパク質であり、そのストレスは熱に限らず、細菌感染や炎症、エタノール、活性酸素、重金属、紫外線、飢餓、低酸素状態などの細胞に対する様々なストレスによって誘導される。

しかし基本的に健康目的で利用する場合は『熱』によって誘導される、と覚えておいて貰えば問題ないと思う。


ヒートショックプロテインについて端的に言えば、生体の防御機構の利用である。
元々生物の体はストレスに対してある程度の防御機構が備わっていて、前もってストレスを加えてやることで次のストレスに対して強くしよう、ということだ。
例としては予防接種などが近いかもしれない


それではどういった効果があるのかというと、
・代謝向上
・抗炎症効果
・免疫力アップ
などが挙げられます。

HSPは生体の防御機構の利用であるので、体の持つ力を引き出してやる、ということであり
そのため、極めて安全で、副作用もありません。

具体的な利用方法
適度な熱ストレスを与えてやることになります、一番簡単なのが温浴です。
42度程度なら10分、40度程度なら20分、38度程度なら30分、胸の辺りまでの半身浴十分です。
これにより体内ではストレスに対して体を守るべくHSPが発現し
ナチュラルキラー(NK)細胞が活性化→免疫力アップ
HSPの中には抗炎症効果や抗癌効果をもつものもある
それ自体がストレスであるため、それに対しての回復は促進される→代謝アップ

また、HSPの増加は2日後がピークで最大4日程度持続します
そのため週2日程度で常にHSPを高く保つことができます。


アスリート向け
ベストパフォーマンスを発揮したい日の二日前に上記の方法を行う。
(月曜日に試合があるなら土曜日に)
また抗炎症効果はトレーニングからの回復も早めるため、
もきついワークアウトの二日前に用いるのも良いと思う。


注意

この温浴自体はストレスであるため、毎日、というのは望ましくありません。あくまでHSPを引き出すためのきっかけであることを念頭においておきましょう。
また、水分補給には十分注意。
入浴前と後に最低2~300mlずつくらいは補給してください。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : 用語

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品