FC2ブログ
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

プロテインの『無水換算値』の意味は?

プロテインなどでよく用いられる、タンパク質の『無水換算値』という表記。この意味を知っているでしょうか?

その意味を簡単に解説します

ちなみによく混同されるのが『無水クエン酸』などです
そちらの場合は含有量を計算する場合
クエン酸無水物>クエン酸結晶
なのですが(水分子がないほうが純度が高いため当然)


しかし、プロテインの無水換算値の場合逆になります


これはよく誤解されるのですが、タンパク質の無水換算値とは実際の含有量よりも多く表記されているのです

これはなぜかというと、

無水換算値とは『製品から水分を除いた時の含有率』だからです

どういうことかというと
プロテインとは通常粉状ですが、完全に水分がゼロというわけではありません。
基本的に5%前後の微量の水分を含んでいます。
その水分を完全に除いた状態の製品での含有率、ということなのです。

具体的に例を上げて計算すると、
タンパク質含有量80%(無水)と書いてあった場合
(標準的な水分5%と考えて計算します)

それはつまり水分0の製品100gに80gのタンパク質が含まれる、ということですが
実際の製品100gから水分を除くと95gになります。
よって含まれるタンパク質は
80×95/100 =76gということになります。

こういう製品の場合
■主要栄養成分(製品100gあたり)
タンパク質:76g
タンパク質(無水物換算):80g

と表記されることになりますが、もちろん見るべきは76gの方です。

たいていはきちんと両方を記していると思いますが、悪質……とまではいいませんがメーカーによっては無水換算値しか記さない場合もあります。
その場合は95%位を目安に計算しなおすようにしましょう。


5%……タンパク質の含有量で5%というのは結構大きいですよ?
要するにコスト自体が5%増しになるということですし。
関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : プロテイン

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品