にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

総評と紹介予定 in IRONMAN [2016/01]

IRONMAN 2016年1月号より

全体の総評と、取り上げる予定の記事の一言感想

※予定なので、取り上げる記事は変わるかもしれません
もし取り上げて欲しい記事をコメント頂ければ、1~2記事を上限に追加するつもりです


【評価】
5段階で評価
妥当性:4
新規性:4
意義:5
総合:5


【概要】
正しい『バーベルローイング』
バーベルローイングは多くのトレーニーに好まれる種目である。
しかしこの種目は正しく行われていないことが多い。
上体を揺らし、反動を使いながら、まるでデッドリフトのような奇妙な種目になってしまう。
それで効果があればよいが、このようなローイングでは十分な効果を引き出すことが出来ない。
ラックを用いてストリクトに、安全で効果的なバーベルローイングを行うことを推奨する。



Antioxidant Overlad――抗酸化物質は敵か味方か
筋発達に適切なトレーニングと食事は不可欠である。
多くのトレーニーはビタミンやミネラルのサプリメントを利用しているはずだ。
その中には抗酸化物質も含まれているだろう。
しかし、抗酸化物質については、筋発達を妨げる可能性が示されており、注意が必要である。
たとえばビタミンCの最低必要量はは75~90mg、ビタミンEは15mgである。
しかしこれを遥かに超える量をサプリメントで摂取することは、筋肉のアナボリック反応を抑制してしまう可能性がある。



筋肉&減量&栄養科学
・発達のために跳躍しよう
・減量するならタンパク質は午前中に
・体重測定を毎朝の儀式に
・おやつにはベリー類を!




【所感】
新年号だからか、若干いつもより気合が入っている気がしました。
いつもより減量系の記事が多く感じましたが、冬太りを解消などの需要に備えてでしょうか。
(あまり興味を惹かれなかったので省いていますが)

バーベルローイングの記事は耳が若干痛い部分もありました。
(最近取り入れる頻度が低い、という部分もあります)
基本的に少なめのレップで行う行うべき、という点や基本的にストリクトにすべきという点は正しいと思います。
ただ、わずかにチートしながらの方法も有用だと思っていますし、ハイレップで行うべきでないというのも絶対的なものではないと思います。
また、この辺りは宗教的なのでどっちが正しいと言い出すと平行線なのですが、ストラップは是非とも使うべきだと思いますね。
握力が鍛えられない、というデメリットがあっても、そもそも背中の種目なので鍛えられなくても良い、と思っています。
本当に握力を鍛えたければ別に鍛えるべきと考えています。
背中と前腕は単関節種目と複合関節種目の関係ではなく、前腕はただの保持であり動作に関係しないからです。
例えばスクワットなら脚と腰は一方が他方を補うことが不可能ではありません。
そのため腰が強すぎる場合と脚が強すぎる場合で矯正が必要になるかもしれませんが、バーベルローイングやデッドリフトで前腕が弱くともフォームは崩れません。
試合でストラップが使えないため、握力を鍛える必要がある、などという場合以外は、ストラップを使うことに依るデメリットは殆ど無いと思っています



抗酸化物質については、以前から言われていることですね。
ビタミンCやE、あと魚油など、抗炎症作用もあるものはトレーニング前後は避けています。
さほど絶対的なものとは捉えていませんが、炎症作用もまた筋肥大や筋力向上の要素の一つと考えられているからです。
増量期にオメガ6を増やすのも、そうした炎症効果を見込んでの意味もあります。
ただ、健康的にどうか、という面も忘れてはいけないので、この記事のように抗酸化物質のサプリを取るべきでない、というのは行きすぎの気がします。
ビタミンC100mgとれば、確かに壊血病などにはならないでしょうが、ハードにトレーニングする人にとって、十分であるとは言いがたいと思います。
食事で野菜などを摂らなくていい、というわけでは決して無いですが、食事でビタミンやミネラル全てを摂ること、それを365日毎日続けるのは非常に困難です。
その他の抗酸化物質、CoQ10やEGCG、魚油のサプリからの摂取を否定するのはどうかと思いました。
あと、心理学のヤーキーズ・ドットソンの法則を過ぎたるは及ばざるが如しの例で用いていますが、無関係の内容を引用するのは論理展開の邪魔にしかならないと思いました。
ヤーキーズドットソンの法則自体が、心理学分野における『過ぎたるは及ばざるが如し』の例であって、それを逆輸入する意味がありません

命題として『心理学の分野でこういうものがある⇒抗酸化物質でも当てはまる』というのは成立しませんし、過剰摂取が有害だというのは言うまでもありません。
ここでの論点は適量とはどの程度か、というものでしょう。
過剰摂取が有害、という前提が真だとしても、そこからサプリからの摂取は過剰摂取で有害、という帰結は論理の飛躍です。

抗酸化物質の過剰摂取への警鐘を鳴らす、という点では良記事でしたが、それを支える論理展開部分が残念だった、という印象です。






関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : IRONMAN

コメント

バーベルローイングは今試行錯誤しているところなので、是非ともお願いします。
フォーム自体は悪くないと思うのですが、腰で受けてる気がしていて悩んでます。

Re: タイトルなし

> バーベルローイングは今試行錯誤しているところなので、是非ともお願いします。
> フォーム自体は悪くないと思うのですが、腰で受けてる気がしていて悩んでます。

承知しました。
早い段階で紹介したいと思います。

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品