にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

トレーニング裁判 『バイラテラル vs. ユニラテラルトレーニング』 in マッスル&フィットネス [2016/08]

マッスル&フィットネス 2016年08月号より

より大きな筋力を発揮できるのはどちらの方法か?


【評価】
5段階で評価
妥当性:4
新規性:5
意義:5
総合:5



【概要】
[冒頭陳述]
弁護側
 バイラテラルでは両手で扱う分重いウエイト扱える。

検察側
 ユニラテラルでは、一回にあげるウエイトを加算すれば、両腕両足で扱う場合より重くなる


[証拠]
・トレーニング経験がない被験者の場合、片側ずつ行うほうがより大きな力を発揮できる

・一方で、トレーニング歴が長いほどバイラテラルとユニラテラルの差はなくなり、逆転することも認められた。
バイラテラルトレーニングで力を発揮する時に神経筋の機能の向上――神経筋促通が起こる。
両腕、両脚を同時に使う動作でより重いウエイトをあげられるようになる。


[評決] バイラテラルトレーニング
トレーニングを続けていく内に、バイラテラルトレーニングの方がより大きな力を発揮できるようになる。



[最終判決]
筋力を高めるためであればバイラテラルトレーニングを行うようにしよう
ユニラテラルトレーニングは最大筋力でなく、左右のアンバランス改善の目的に適している





【所感】
トレーニング経験が浅い内はユニラテラルのほうが2割ほど大きな力を発揮できることは有名ですが、
経験を積むと逆転すらすることがあるというのは意外と知られていないと思います。
(どこだった忘れましたが、一流のボート選手だと脚の筋力が片脚ずつ合計より大きいとか)

バイラテラルよりユニラテラルのほうが強い力を発揮できるのは、より筋肉に意識を集中できるからですが、
経験を積むとバイラテラルでもきちんと意識できるようになるため、差は小さくなっていく、
ここまでは普通に予想できることです。
しかし、逆転となると、それだけでは説明できません。

逆転するとしたら、トレーニングによる特異的な運動の強化の要素が強くなるのだと思われます。
スクワットをやりこんで2割重量がアップしても、片足でのレッグエクステンションの重量は2割増えません。
逆にレッグエクステンションをやりこんで2割重量が増えても、スクワットが2割増えると言うわけではないように、
筋力の発揮は、運動に対してかなり特異的に強化されるので、単純に経験というよりは、バイラテラルトレーニングの経験だと思います。
もし、ユニラテラルトレーニングをずっとしていたら、逆転まではせず、やはりユニラテラルのほうが強いのではないかと。

このことから、基本的な戦略としてはバイラテラルトレーニングで経験を積みつつ筋力の向上を図り、左右のアンバランスはユニラテラルで解消する、というのに異論はありません。
ただ、球技などの競技アスリートに関しては、少し別の戦略も必要になると思います。
単純にバイラテラルで発揮できる筋力が強くなったとしても、それが競技能力とイコールではないからです。

一つは、ユニラテラル種目の比率をあえて増やすこと。
バイラテラルトレーニングをやり込むことでバイラテラルの筋力がユニラテラルを上回る、というのは言い換えれば、ユニラテラルをやらないと、バイラテラルで発揮できるの筋力の半分も発揮できない、ということです。
おおよその競技で、両脚両腕を同時に力を発揮することよりは片脚で踏み切ったりするほうが多いと思います。
そのため、基本的な筋量アップや基礎的な筋力はバイラテラルで良いですが、片腕片脚でも筋力を発揮できるように、神経筋の機能を高めておく必要があるのではないかと思いました。

もう一つは、競技動作の練習をより意識して行うことでしょうか。
基本的に、筋力トレーニングは基礎筋力の養成ですので、競技でその筋力を十全に発揮するためには競技動作の習熟が不可欠です。
中途半端に競技動作に負荷をかけて行うのは懐疑的ですが、競技動作を行うこと自体が神経の発達を促し、筋力を発揮できるようになると考えています。
なお、競技練習、ではなくあえて競技動作の練習、と書いたのは、筋力発揮を高めるための練習という意味だからです。
(競技練習だと幅が広く、筋力とは関係ない部分も含むので)





関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : Muscle&Fitness トレーニング

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品