にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

転勤に伴うトレーニング環境の選択



転勤や引越しというのはトレーニーにとっては単なる住環境の変化以外に、トレーニング環境の変化も余儀なくされる。
そのため、トレーニーは勤務先と住居の位置関係や、行いたいトレーニング内容を考慮してジム選び等を行う必要がある。
場合によっては、住居選びに先んじてジムを選び、その後住居の条件を絞り込む、という事も考えられる。

一般にジム選びにおいて考慮されるのは、住居や勤務先からの距離と設備、つまり通いやすさと可能なトレーニング内容である。
具体的には次のような条件があるだろう
・住居あるいは勤務先から15分以内
・勤務経路の中間に位置する
・BIG3が可能である
・マシンが充実している
・平日勤務後の時間帯の混み具合が許容範囲内
しかしながら基本的に条件すべてを満たすということは考えにくいため、総合的に加味したコストを試算し、優先順位を付けて条件を取捨選択することとなる。

加えて、例外的な状況のリスク、その後の変化や拡張性も含めて次のような対応を検討しておくことも重要である。
・雨天の場合
・残業等でジムの営業時間に間に合わない場合の自宅での補助トレーニング
・ダンベルの購入など、自宅で可能なトレーニングの内容を拡張すること


以上のような、観点で、最近の転勤に伴うトレーニング環境の選択について論述する。




第1章 転勤に伴う変化と住居条件、転勤先の環境
1.1 転勤に伴う変化と住居条件
転勤に伴う変化として、当然ながら大きな変化として通勤時間の増大があった。
転勤以前は勤務先から徒歩10分ほどの距離に居を構えており、ジムまでも自宅から自転車で5~10分程度であったが、転勤後は、片道およそ2時間弱、往復で4時間近い通勤時間になることが予想され、通勤は困難と判断し、新たな住居探しを検討した。
その際に重視したのは総合的なコストの抑制である。
総合的なコストとは、家賃と通勤時間から試算した。
具体的には、家賃+通勤時間×時間単価とし、月21日出社するものと仮定してシミュレーションを行った。
その結果、コスト面からだけでなく、勤務内容の特徴を考慮し、勤務先から徒歩圏内であること必須条件となった。
なぜならば、勤務内容の特徴として残業時間の波が大きいこと、休日出勤や夜間の呼び出し対応がありうる、ということが挙げられるからである。
恒常的に多くはないものの、場合によっては月100時間近いことも考えられ、休日出勤や夜間の呼び出しへの対応しやすさ、終電を気にしなくて良いこと、という条件の優先度が高い。


1.2 転勤先の環境の調査
住居の具体的な条件を決定する前に、自宅の予定住所がある程度絞り込めた。
そこで次は辺りの施設、ジム等の調査を行った。
その結果、ジムは比較的近い場所に5店舗存在し、WEBでの写真から利用の候補を2店舗に絞り込んだ。
その際に重視したのはフリーウエイトが利用できるかどうかである。
3店舗については、そもそもフリーウエイトエリアが存在しなかった。
次に電話によっておおよそどのような設備があるかをヒアリングを行った。
ヒアリングにおいては、「BIG3が行えるか」という点を強調して問い合わせ、1店舗ではダンベルしか置いていないということが判明したため除外した。
もう1店舗については『行える』という回答であったが、対応者の口調に危ういものを感じ、一度店舗に赴いて判断することとした。
片道2時間近くかることや、転勤後の長距離通勤期間を短縮するため、住居の選択も同時に行うこととした。
賃貸物件の代理店に問い合わせ、事務の設備が十分でなかった場合のプランを含めた2パタンの住居条件を伝えて前準備を行った。



第2章 住居・ジム選択における問題点とその対応
2.1 住居・ジム選択における問題点
代理店に伝えた条件は以下の様なものであった。
①家賃を抑え、ジム通いを前提とした部屋を選択
②パワーラックやバーベルを購入し、それが入るだけの部屋を選択
ただし、勤務先から徒歩圏内という条件に関してはいずれにおいても必須とした。
その結果、住居においてはいずれの条件を満たす部屋は存在し、どちらのプランも住居選択の時点においては選択可能であることがわかった。
一方、実際にジムに見学に行った所、BIGというのがスミスマシンであることが判明した。電話担当者は、『フリーウエイトエリアにある』という点から『フリーウエイトでBIG3が可能』と回答したらしい。また、総合コストに占める割合としては小さいが、月額料金も1万円を超えており、コストパフォーマンスは非常に悪いものであった。唯一のベンチ台のみはベンチプレスが可能であったが、セーフティがなく、そもそも一定以上の重量を使うことを想定していない作りであった。
現地調査の結果、通いやすい範囲にBIG3が可能なジムがない、という問題が浮かび上がった。
この時点でホームジム一択の住居選択は比較ができず望ましくない、と判断し、急遽別のジムを検討に含めるため、範囲を広げて改めて調べた所、自転車で片道25分ほどの場所にフリーウエイトが可能なジムが存在することが判明した。
ただし、代理店訪問時間が迫っていたことからそちらは電話でのヒアリングのみとせざるを得なかった。
その結果、スクワットとデッドリフトの兼用であるが、パワーラックが一台存在すること、セーフティ付きのベンチ台が1台存在することが確認できた。


2.1 対応の選択肢
そこで、対応策として検討したのは以下の選択肢である。
①やや遠目のジムに通う
②ホームジムを作る
③ジムと補助的なホームジムの併用
私は、住居の見学とメリットデメリットの整理を行い、③を選択する方針とした。
なぜならば、③が総合的なコストを最も安く抑えられると判断したからである。
試算においては3年間でのコスト最小化と、トレーニングの最低ラインを満たすことを条件とした。
①のメリットはトレーニングの強度が確保しやすいことである。
混み具合などが未調査ではあるものの、器具として最低限BIG3を行うことが出来る。
一方、デメリットは往復50分という時間がかかること、営業時間が短いこと、ジム内に給水設備がないことである。
週4回、月に16日通うとなると、月辺り800分≒13時間のマイナスが生じる。
残業時間に波があり、遅くなる日が多い、という特徴を踏まえると、①の選択は難しいと判断した。
②の最大のメリットはジムの往復時間がかからないこと、である。
一方のデメリットは部屋のグレードを上げる必要があり、ランニングコストが2~3万円/月増加すること、初期費用が非常に高いことである。
初期費用、ランニングコスト共に、どれだけ器具を揃えるかに依存するが、ジムと同等のトレーニングを行うためには40~50万以上かかることが試算の結果分かり、②の選択は難しいと考えた。
安価なバーベルやラックを選択すれば10~20万に抑えられるが、安全性、重量の面で最低基準を満たさないため、選択肢から除外した。
③のメリットは柔軟な対応が可能で拡張性が高いことである。
高重量で行う場合はジム、補助的なトレーニングは自宅、といった使い分けができるほか、現在使用していないフラットベンチとダンベルを利用することで初期費用を抑えられると考えた。
さらに、経過を評価し、不足と判断した際には、器具を追加することも可能であり、拡張性が高い。
以上のように考え、③を採用する方針とし、住居もそれが可能となるものに決定した。


第3章 想定した例外的な状況と、対応策
3.1 想定した例外的な状況
①残業や休日出勤でジムに通えないケース
 残業時間に波がある、という勤務の特徴を踏まえて、平日は営業時間内にジムに行くことが出来ないケースは非常に多いと考えた。
 営業時間は22時までであるため、ジムに行くことが出来る残業のデッドラインを20時と仮定すると、平時であっても平日に2度通うことは難しい。
 繁忙期であれば平日に通うことは不可能となり、休日出勤も考えれば、1週間ジムに行けないケースはままあると想定される。
②雨天や台風
残業などのケースに似ているが、こちらはある程度突発的に起こることがありうる。
片道5km程度であるため、自転車で25分を想定しているが、台風や大雨等の場合、ジムに行くこと自体が困難と考えられる。
 ジムに水分補給用とシェイクのための水分やベルトなどの荷物に防水処理をして合羽などを着込んでジムに行くことは、トレーニング前の消耗という点の他、安全面でも好ましくない。
上記のようなケースを考慮し、具体的には次のような対応策を検討した。


3.2 対応策
①自宅でのダンベルによるルーティンへ変更
 平時においては、土日はジムでBIG3、平日はダンベルで補助トレーニング、という戦略を採る。
 ただし、残業が続く場合や、休日出勤等の場合は、出勤前にダンベルでのルーティンを計画する。
 このケースにおいては、突発的に起こることは少なく、徐々に残業が増えると言った兆候などから、計画の修正はし易い。
 懸念事項として、ダンベルのルーティンが長期に渡った場合、強度の不足から筋力や筋量の低下が起こることが考えられるが、2~3ヶ月以上に渡って残業や休日出勤が続くことは考えにくい。
 2週間~1ヶ月程度であればダンベルでのルーティンであっても問題は起こりにくいと考えた。
 工夫点としては、予めダンベルのルーティンが入ることを考慮し、ジムでのトレーニングは高重量をメインで行うことで懸念事項をクリアできると判断した。
②ジムに強行とダンベルトレーニングの使い分け
 雨天と言えどピンキリであり、小雨程度であれば強行する他、天気予報などから時間帯を遅らせることも可能である。
 一方で、ダンベルでのトレーニングで問題ないのであれば、時間的面から見てもジムに強行する必要はない。
 例えばユニラテラルで行えば、高重量のスクワットと同等の負荷を与えることが可能となる。
 その方法を何週間も連続してとることは好ましくないが、時折入れる場合にはマイナスにはならず、むしろ新たな刺激になると考える。

 残る課題として、ケースバイケースに対応する必要があるため、長期的に細かな計画は立てにくい、ということがあるが、基本的な筋力・筋量アップ、体脂肪減少を目指す上では問題とならないと判断する。
 ただし、実際に取り組みながら結果を評価し、計画を改善していくプロセスは必要と考えている。
                                 ――以上――




最近、とある資格試験の受験を考えていて、3000文字程度の小論文が課されています。
もちろんトピックは資格内容に応じたものなので、トレーニングとは無関係ですが、基本的な論述におけるテクニックなどは共通しているので、その練習も兼ねています。

今回の異動通知からの引越し計画では色々考えて比較検討しましたが、結局無難な所に落ち着きました。
実際、ホームジム作成において、必要な重量別、揃える器具別、次の引っ越しを考慮するか否か、プラットフォーム自作案なども含めて費用対効果を考えたのですが、どう考えて数年レベルだと見合わないという結論になりました。
ざっくり考えても、往復時間50分≒1,500円程度としても、1ヶ月で24,000
家賃自体が2~3万円差が出てしまうので、ジム費用を考えても月辺り5,000円くらいにしかなりません
年間で60,000、10年位でないと基が取れない計算です。
それだけでなく、次の引越し時に文字通りお荷物になるというのが大きいですね。

ホームジムを作るとしたら
・近所に全くジムがない
・10年位は引っ越さない見通し
・結婚後(結婚後に家族の承認貰うのと、既に持ってる状態での結婚難易度を考えて)
くらいは必要最低限の条件かな、と思っています。

特に3番めは切実に……家にパワーラック備え付けてたら、結婚難易度がルナティックになりそう。



関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

筋トレ歴4ヶ月の新米トレーニーです。
筋トレブログ始めました(^_^)
お互いのモチベーションアップになればと思います(^_^)
ジム選びも大変ですね(>_<)
うちは自転車で20分くらいのところに、1回300円の市営体育館のトレーニング室があるのでそちらを利用しています。スポーツジムより安いし、BIG3も揃っていてなかなかいい感じです。1度市営の施設なども検討に入れてみては?

Re: タイトルなし

> 筋トレ歴4ヶ月の新米トレーニーです。
> 筋トレブログ始めました(^_^)
> お互いのモチベーションアップになればと思います(^_^)
> ジム選びも大変ですね(>_<)
> うちは自転車で20分くらいのところに、1回300円の市営体育館のトレーニング室があるのでそちらを利用しています。スポーツジムより安いし、BIG3も揃っていてなかなかいい感じです。1度市営の施設なども検討に入れてみては?

ありがとうございます。
おっしゃるように、市営ジムは検討しましたが、フリーウエイトはダンベルしかなく、10kgが最大なので無理でした。
一応付近のジムは民営公営問わず全て検討しましたが、残念ながら条件を満たす物がありませんでした。

HOMEGYM

はじめまして
いつも、記事やメニューを参考にさせてもらってます。

僕は転勤を機にホームジムにしました。
それまでは、ジムか自宅でダンベル+懸垂台でのトレーニングでしたが、転勤先のジムが遠かったのと市営は待ち時間が長ったので、ホームジムにしました。

扱う重量が違いすぎるのであまり参考にならないかもしれませんが、アトラスのハーフラック(10万ぐらい)とモリヤのバーベルセット(スタシャ)(4万ぐらい)で、BIG3+懸垂をメインにトレーニングしてます。
モリヤはバーベルセット購入時にプレートの重さを自由に選べるので、5㎏以下のプレートはダンベル購入時に持っていたので、20㎏×2と15㎏×2枚にしてもらいました。

持ってるプレート全部つけると150㎏ぐらいになりますが、ベンチもスクワットも問題ないと思います。僕はベンチ80㎏、スクワット100㎏ぐらいなのでMAXつけてラックを使用したことはないのですけど、100㎏ではびくともしませんので。
懸垂も以前使ってた安物の懸垂台よりかなり安定しているので、ホームジムにはお勧めです。
今となってはオリシャ買っとけばよかったかな~って思いますが、スタシャでもそこそこのトレーニングは出来るので、満足してます。

環境変わって大変だと思いますが、これからもトレーニング頑張ってください!

Re: HOMEGYM

> はじめまして
> いつも、記事やメニューを参考にさせてもらってます。
>
> 僕は転勤を機にホームジムにしました。
> それまでは、ジムか自宅でダンベル+懸垂台でのトレーニングでしたが、転勤先のジムが遠かったのと市営は待ち時間が長ったので、ホームジムにしました。
>
> 扱う重量が違いすぎるのであまり参考にならないかもしれませんが、アトラスのハーフラック(10万ぐらい)とモリヤのバーベルセット(スタシャ)(4万ぐらい)で、BIG3+懸垂をメインにトレーニングしてます。
> モリヤはバーベルセット購入時にプレートの重さを自由に選べるので、5㎏以下のプレートはダンベル購入時に持っていたので、20㎏×2と15㎏×2枚にしてもらいました。
>
> 持ってるプレート全部つけると150㎏ぐらいになりますが、ベンチもスクワットも問題ないと思います。僕はベンチ80㎏、スクワット100㎏ぐらいなのでMAXつけてラックを使用したことはないのですけど、100㎏ではびくともしませんので。
> 懸垂も以前使ってた安物の懸垂台よりかなり安定しているので、ホームジムにはお勧めです。
> 今となってはオリシャ買っとけばよかったかな~って思いますが、スタシャでもそこそこのトレーニングは出来るので、満足してます。
>
> 環境変わって大変だと思いますが、これからもトレーニング頑張ってください!

ありがとうございます!

今のところ考えているのは自宅でダンベルトレーニング+ジムで高重量ですが、生活リズムからジムに通うのが厳しいと判断したらホームジムも検討しています。
するとしたら、最低限、BIG3(デッドはトップサイドかも)が出来るようにはしたいですね。
その選択肢も残せるように、1階の角部屋を選びましたが、部屋の広さと、パワーラックを設置するために床にマットなどをどれくらい敷けば良いのか、というのが悩みどころです。

もしよろしければハーフラックの設置などで注意点等
・床にマットなどはどれくらいの厚さ、広さで敷くべきか
・音響対策は必要か(軽量鉄骨は鉄筋コンクリートより響きやすいと聞きます)
・また、150kgとなると、床の耐荷重などは気にされてますか?
(180kg/m^2が耐荷重ということですが、 100kgのバーベルを担いだら、足元にはそれを超える圧力になりそうで)
など、教えて頂けるとうれしいです。

HOMEGYM

こんばんは~

僕のホームジムはこんな感じです。
https://drive.google.com/open?id=0B3alLnkWK2rSMno2X3Zwb3pwb28

僕の住居は、鉄筋マンションの3Fなんですけど、畳の部屋にフローリングマット(ニトリの6畳で30㎏の分厚いやつ)を敷いていた部屋だったので、トレーニングマット(厚さ10mm)を敷いているだけです。
普通でしたら、ゴムマット+コンパネ+トレーニングマットで重量は分散されるみたいですので、あまり気にしなくて大丈夫かと思います。
僕は、ゴムマット+コンパネの部分を畳+フローリングマットで代用している感じです。
LiebeTFはデッドで200㎏近くを引きますので、その場合はちょっとわかりませんが、以前読んでいたボディビルダーの方のブログ(今はとある事情で閉鎖)で、一軒家の2階に結構な重量でトレーニングしていたみたいですが平気そうでしたのでよっぽど強く落とさない限り大丈夫と思います。

デッドするときは、おろす時に少し響くかなって感じでしたので、プレートを下すところにコルクマット2枚重ねて敷いています。
ホームジム作ってから2年ぐらいですけど、下からお怒りを受けたことないので多分大丈夫だと思います。

写真のハーフラックはアトラスのハーフラックでカスタマイズなしのものです。
シャフトは、モリヤの2mのスタシャでバーベルラックにおいて5㎝ずつ余裕がある感じです。
僕は身長175㎝でベンチするときは81㎝線に人差し指を掛けてギリギリぐらいです。ラックに肘が当たるとかはありません。
アトラスのラックは少し値段を足せばカスタマイズしてくれるみたいで、カスタマイズしとけばよかったなって思うのは、横幅を10㎝プラスと懸垂バーにパラレルを付けてもらえばよかったかなって思っています。
横幅を10㎝プラスするとオリシャ一択になりますけど。

ジムのラックのほうがやりやすいですけど、移動時間がないのといつでも出来るのは、かなりのメリットかと思いますので引っ越しして、落ち着いてから考えられてもいいかと思いますよ~

ちなみに僕は、嫁と二人暮らしで2LDKの内の1部屋をトレーニングルームにしています。ホームジムを作るのに嫁は特に反対しませんでした。
それまでも、ダンベルとベンチと懸垂台を置いていたので免疫があったのかもしれません(笑)

No title

トレーニングスペース書き忘れてました。
写真のトレーニングマットは2m×1mのものを2枚敷いています。
ラックを置くのにトレーニングマット1枚でちょっとはみ出す感じです。
プレートの入れ替えとか考えると2.5m×1.5mあると十分トレーニングできるかと思います。(オリシャの場合横幅はプラス10㎝ぐらいかな)

Re: HOMEGYM

> こんばんは~
>
> 僕のホームジムはこんな感じです。
> https://drive.google.com/open?id=0B3alLnkWK2rSMno2X3Zwb3pwb28
>
> 僕の住居は、鉄筋マンションの3Fなんですけど、畳の部屋にフローリングマット(ニトリの6畳で30㎏の分厚いやつ)を敷いていた部屋だったので、トレーニングマット(厚さ10mm)を敷いているだけです。
> 普通でしたら、ゴムマット+コンパネ+トレーニングマットで重量は分散されるみたいですので、あまり気にしなくて大丈夫かと思います。
> 僕は、ゴムマット+コンパネの部分を畳+フローリングマットで代用している感じです。
> LiebeTFはデッドで200㎏近くを引きますので、その場合はちょっとわかりませんが、以前読んでいたボディビルダーの方のブログ(今はとある事情で閉鎖)で、一軒家の2階に結構な重量でトレーニングしていたみたいですが平気そうでしたのでよっぽど強く落とさない限り大丈夫と思います。
>
> デッドするときは、おろす時に少し響くかなって感じでしたので、プレートを下すところにコルクマット2枚重ねて敷いています。
> ホームジム作ってから2年ぐらいですけど、下からお怒りを受けたことないので多分大丈夫だと思います。
>
> 写真のハーフラックはアトラスのハーフラックでカスタマイズなしのものです。
> シャフトは、モリヤの2mのスタシャでバーベルラックにおいて5㎝ずつ余裕がある感じです。
> 僕は身長175㎝でベンチするときは81㎝線に人差し指を掛けてギリギリぐらいです。ラックに肘が当たるとかはありません。
> アトラスのラックは少し値段を足せばカスタマイズしてくれるみたいで、カスタマイズしとけばよかったなって思うのは、横幅を10㎝プラスと懸垂バーにパラレルを付けてもらえばよかったかなって思っています。
> 横幅を10㎝プラスするとオリシャ一択になりますけど。
>
> ジムのラックのほうがやりやすいですけど、移動時間がないのといつでも出来るのは、かなりのメリットかと思いますので引っ越しして、落ち着いてから考えられてもいいかと思いますよ~
>
> ちなみに僕は、嫁と二人暮らしで2LDKの内の1部屋をトレーニングルームにしています。ホームジムを作るのに嫁は特に反対しませんでした。
> それまでも、ダンベルとベンチと懸垂台を置いていたので免疫があったのかもしれません(笑)

ありがとうございます!
非常に参考になります。

特に、カスタマイズ出来るメーカもあるというのは凄く助かる情報でした。
引っ越して、家具などを配置した後で、スペースを確認しながらどこまで揃えるかを決めたいと思います。

散々アトラスお勧めしてましたけど、10月からバージョンアップして、値段倍になってました😢
この値段出すなら、場所とりますけどタフスタッフの方が良さそうですね😖

Re: タイトルなし

> 散々アトラスお勧めしてましたけど、10月からバージョンアップして、値段倍になってました😢
> この値段出すなら、場所とりますけどタフスタッフの方が良さそうですね😖

タフスタッフはやはり高いですね。
流石にバーベルとあわせると予算的に厳しい所です。
パワーラック、ハーフラックという選択肢以外にも色々検討してみます

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品