にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

第22回 「新・筋肉まるわかり大辞典」 in トレーニングマガジン Vol.46

トレーニングマガジン Vol.46より



【全体所感】
内容が初級者から熟練者まで役立つコラムが多いということもありますが、
単なる知識だけにとどまらず、実体験や日常的に役立つ内容が盛り込まれているのが非常に良いと思います。
また、実験で示されていることと、経験的にわかっていること、あるいは現状研究されていることや、研究から推測されることなどがきちんとわけられているのも、誤解を招きにくくしている点ですね。

個人的な部分ですが、石井先生が推測していたり、独自の考えを述べられている部分など、読む人によって受け取り方が変わるであろう部分ですが、ほとんどすんなり受け入れられることが多く、異論を抱くことが少ないです。
文章からだけでも、かなりの親近感を懐きました。




【印象に残った部分】
Q1.何故体を鍛えている人は若く見える
成長ホルモンや性ホルモン、筋力的に姿勢が良いことなどはわかりやすいですが、筋肉そのものから分泌されるイリシンとの関連は知りませんでした。
可能性は示唆されていても、量的に認知症に本当に効果があるかなどの疑問はつきませんが、そうしたデータが今後出てくることに期待します。
あと、体を鍛えている人は、基本的にいろいろ考えて頭も使って鍛えていると思うので、無趣味な人よりは脳への刺激もあるだろうと思います。
健康にも気を遣っていたり、魚油を摂取していたり、そうした面のほうが大きそうですが。


Q2.マッスルフルについて
タンパク質合成が最大化される量のことで、それ以上とっても合成はそれ以上盛んにならない、というものです。
一般に20g程度ということですが、ワークアウト後はより多くなるというのは自然な考えです。

また、この量は前回の食事からの時間が考慮されていないので、あまり私は重要視していません。
6時間食事が空いた後20gで足りるとは思いませんし、1時間ごとに20g摂って意味があるとも思いません。
ロイシン量を前提にしているとは言え、ロイシン5gだけ取り続けて充分でないのは明らかだと思います
ワークアウト後などを除けば、重要なのは1回の量ではなく、やはり重要なのはタンパク質の総量ではないかと。
タンパク質がエネルギーとなったとしても、その過程で窒素バランスは合成に傾きやすくなると考えていますので。


Q3.効率よく筋肥大を起こすベストの頻度は
80%1RMで8レップ✕3セット、週2,3回、3ヶ月という、実験的に示されている基本をまず説明していて、
ネズミの実験も用いて、わかっていることとそうでないことを明言してくれているのが良いと思います。
48~72時間で回復するというのは、一般的なもので、強度が上がるとより回復時間も長くなると考えられていますが、これに関しては経験的なものであって実験的なデータはない、ということですね。


Q4.初心者がチェーントレーニングを行ってもOK?
むしろ初心者に適している、というのはびっくりしました。
というのも、チェーンやバンドなどは通常の方法で効果が上げにくくなった際のものだという固定観念があったからです。
しかし、チェーンの相対的な重量はウエイトが重くなるほど小さくなってしまう、というのは確かにその通りです。
何百キロのスクワットが出来るようになってからよりも、扱う重量が小さいうちのほうが効果的にチェーンを利用できるということですね。


Q5.4スタンス理論について
4スタンス理論を否定するわけではなく、しかしまだ解剖学的に検証されているものではない、ということ。
バイオメカニクス的にはワイドスタンスぎみが最も重量が扱えるということも含めて、
フォームに人をあわせるか、人にフォームを合わせるかという問題を提起しています。
どちらが良いかということは石井先生は明言していませんが、私は基本的に理想的なフォームに合わせて慣れていくべきだと考えています。
練習とは効率的な不自然の習得なので、やりにくいと感じたとしても、それが最も有効なフォームであるのなら矯正するべきかと。
(それが骨格的な問題でない限り)
とは言え、私もワイドスタンスが苦手て、ナローのほうがやりやすく、矯正しようとはしていますがなかなかうまくいっていないのですが。


Q6.オーバートレーニングにならないギリギリの休息時間は
オーバートレーニングに明確な線引はない、というのはその通りですね。
ただ、石井先生の経験的なものとして、パフォーマンスが落ちていくようなオーバートレーニングはあまりないと仰っています。
また、オーバートレーニングとはイメージ的なものにすぎず、筋力のアップダウンがリアルに起こっているわけではないという理解は重要だと思います。
現在ネズミではありますがベストな休息時間を求める実験中だということで、期待が高まります。





関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : トレーニングマガジン

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品