にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

トレーニングプラン in トレーニングマガジン Vol.47

トレーニングマガジン Vol.47より



【全体所感】
4人の選手計画の立て方について意識している部分が紹介されていて、どれも納得の行くものだと思います。
互いに相反するものではなく、十分に両立するものなので、どれから意識するようにしても良いでしょう。
以下の考えですが、この選手特有の考え方、というものではなくて、ごく普通の意識――ただしそれを常に行うことが難しいというものですかね
1.長期目標だけでなく短期目標も
2.逆算式で計画を立てる
3.計画と実際の変化のズレをみること
4.影響を与える要因分析

どれも当たり前のことですが、それをきちんとやろうとすると大変です。
計画とは立てるだけでは無意味で、実行して評価・反省して次に活かす、PDCAを回して初めて意味があるものだと思います。


【印象に残った部分】
Part1.長期目標だけでなく短期目標も
 計画を立てるなら2ヶ月ぐらいがちょうどよい、2ヶ月先の目標を立てた上で1ヶ月後、2週間後の目標を決めて段階を踏む、というのは、逆算式で計画をたてるのに似ています。
 私の場合はせいぜい1ヶ月刻みですが、2週間スパンでも考えるほうが良いんですかね。
 2週間は切りが良いですが、誤差に埋もれる気がしてあまり意味が無いと考えていました。
 性格に言えば、設定目標に依る氣がします。
 体重や体脂肪率なら1週間で結構変わるので1週間刻みとすべきですが、筋力となると1ヶ月くらいないと調子次第で変わってしまって変化がわかりません。
 長谷川さんはフィジーク選手なので、仕上がりとかそういう点を見るなら2週間刻みが適切ということなのかもしれません。

あと特に印象的だったので、プログラムは基本的に変えないこと、熟練度を上げることが重要という考え方ですね。
ある意味、『慣れさせない』トレーニングと真逆の考え方だと思いますが、一方でその先にある「筋肉に新たな刺激を与える」という目的は共通しています。
同じプログラムをより高いレベルで行う、別のプログラムに変える、という同じ目的でアプローチが逆になる例は珍しくなく、迷う部分でもあるのですがだからこそ面白い部分だと思います。
このあたりは、ヘビーデューティとハイボリュームどちらが良いのかを議論するのと同じくナンセンスですね。



Part2.逆算式で計画を立てる
 積み上げ式から逆算式へ。
 これは仕事でもなんでもそうですね。
 ~までに終わらせるためには……と考えて計画を立てていきますが、そのためには経験の蓄積を必要とします。
 経験がないと、無理な計画を立てて結局スケジュール遅延など、計画の意味がなくなってしまうので、必ずしも逆算式が良いというわけではないでしょう。
 積み上げ式から逆算式へは、ある程度の経験の蓄積が必要だと思いました。
 ただし、意識的にやらないと、出来ない場合もあり、また長年積み上げ式でやっていると、逆算式に変える際に変えにくくなることもあるので、どこかで切り替えられると良いですね。
 そこそこの経験があれば、最初に無理な計画を立てていても、その後に反省して次の計画に活かすことが出来ます


Part3.計画と実際の変化のズレをみること
 計画は立てて終わりではなくて、実際の変化を計測して、評価する必要があります。
 実際にどう体が変わるか、あるいは、筋力がどう変化しているかをみること。
 つまり、体の反応を確かめる重要性については同意です。
 評価しないと、間違った計画を立てていても気づくことが出来ません。


Part4.影響を与える要因分析
 トレーニングの変数、という表現で、10もの要素について述べられています。
 ただMECEなものではなくて、複合的な要素もあります。
 細かく分けるほど良い、というわけでもないのですが、重量、セット数、インターバルぐらいは最低限の変数として管理すべきですね(レップ数を含めていないのは、重量が決まるとほぼ自動でレップ数も決まるため)
 ここに上がっていた10の項目については、代表的なものなので、ピリオダイゼーションなどを意識したことのあるトレーニーはまず考えたことがあると思います




【疑問など】
 あまり今回は疑問点などはなくすんなりと受け入れられるものが多かったです。
 強いて上げれば以下のことぐらいでしょうか。
 誤解を招きそうなので超回復理論という言葉が好きではないのですが、どういう意図でこれ入れたのかな、と思いました。
 非トレーニーに説明する時に簡略化するには便利な説明方法なのですが、経験者にはむしろ誤解を招くので超回復という言葉は使わないほうが良いと思っています。
 少なくともこの対象読者はある程度とのトレーニング経験者を想定している内容なので、少しチグハグ感を覚えました。

 フィットネスレベルやパフォーマンスレベル、疲労の図も微妙です。
 わかりやすさと正確性はトレードオフなのですが、やや図や説明が抽象的すぎるように思いました。





関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品