にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

ASK:体づくりの疑問にエキスパートが回答 in マッスル&フィットネス [2017/03]



マッスル&フィットネス 2017年03月号より


【評価】
5段階で評価
妥当性:5
新規性:3
意義:4
総合:4


【概要】
Q.ショルダープレスで腰に痛みを感じる
A.
 肩関節の可動域が不十分で、背中が反ってしまい、胸でリフティング動作を助けてしまう。
 そうなると下背部が働いて痛みが引き起こされる
 肩の可動域を高めるためのエクササイズ、またローテーターカフのウォームアップもきちんと行うこと。




Q.フォームローラーはワークアウト前後で使い方を変えるべき?
A.
 トレーニング前には動きに重点を置く。
 すなわち、長い範囲を素早く動かす遣い方をする。

 一方、トレーニング後には、トリガーポイントにゆっくり力をかけてから抜く。
 いわゆる「ホールド&リリース」の方法を取る




Q.可動性を高めるために、ジムに携帯すべきツールは
A.
 肩の可動域を高めるためのツールとしては次のようなものがある。
 テニスボール、フォームローラー、エラスティッグバンドなどだ。

 ボスボールは携帯は出来ないが、ジムにあるのであれば利用するのも良い。


Q. トレーニングが出来ない状態になると、筋肉はどれくらいの期間で失われる?
A.
 筋肉の減少に気づくのは2~3ヶ月だろう。
 筋力に関しては2週間程度で低下する。

 ただし、トレーニングに復帰すると、失われた筋量は速やかに取り戻すことが出来る。
 マッスルメモリーと言われる現象のおかげだ。



Q. いつも朝は食欲がないが、朝食を抜くのは体づくりに不利となるか?
A.
 代謝に関する影響で言えば、朝食の必要性に関してははっきりした結果は出ていない。
 一般的には運動量が多ければ増やし、少なければ減らす。
 しかしもっとも重要なのは体の声を聴くことだ。
 理論や研究結果よりも、自分の体が何を欲しているかを感じ取れるようにすることである。
 起床直後に食欲が無いのであれば、無理に食べる必要はない。




【所感】
 ショルダープレスに関しては注意としては重要ですが、よくある話です。
 重くなるほど腰で受けやすく、怪我につながるので注意が必要ですね。
 もともと肩自体怪我しやすい部位なので、可動域は十分高めておく必要があります。


 フォームローラーについては、使い分けというのは考えていませんでした。
 そもそもフォームローラーに目を向けたのが最近というのもありますが、確かにアップとクールダウンでは別であるべきですね。
 ストレッチと同じく、目的に応じて最適な方法を選択していきたいものです。

 
 筋力の減少に関してはただの神経系の抑制に依るものなので、トレーニングを再開すればすぐ戻るでしょう。
 筋量の減少の方も、マッスルメモリーと呼ばれる名の通り、以前のレベルまでは遥かに短い期間で戻ります。
 このマッスルメモリーの説として有力と考えるのが『筋核』です。
 筋核は筋繊維にありますが、これは筋繊維が太くなるときに増えます。
 そして、一度増えた筋核は減少しない(しにくい)ため、筋量が減少したように見えても、筋繊維はまた太くなりやすいからです。
 トレーニングとは、この筋核を増やす作業と言えるかもしれません。
 
 また、嬉しくないことに、脂肪細胞にも同様の仕組みがあります。
 脂肪細胞の数は成長期にほぼ決まりますが、脂肪細胞が膨れ上がると、次からまた膨れやすくなります。
 そのため、一度肥満すると、肥満しやすくなるということです。
 (成長期には脂肪細胞の数自体が増えるのでなおさら)


 朝食について。
 基本朝食は重要だというスタンスですが、それが万人に当てはまるとまでは考えていません。
 中には例外的な人もいるでしょう。
 ただし、体の声を聞く、というのには反対です。
 よっぽどの熟練者を除いて、基本的に体の声なんてただの幻想だと思っているからです。
 聞こえはいいですが、ようするに疲れたら休めとか、食べたかったら食べろ、食欲ないなら食べなくていい、というようなものです。
 疲労が濃いと感じたら休むべきですが、ただ疲れた今日はやる気でないから休む、というのと表面上変わりません。
 違いは、経験に裏打ちされたものとして、休んだほうが効率的か、押して乗り切れるレベルか、という判断です。
 この『高度な判断』を、体の声に耳を傾ける、と呼ぶのであれば良いですが、ただの怠惰や自堕落と一緒にすべきではありません。
 そもそも、起床直後は『食欲が無いのが普通』です。
 身体の防衛機構でコルチゾルが上昇し、血糖値は維持されていますし、胃腸はずっと動いていなかったわけですから、空腹を感じるほうがおかしいです。
 だからこそ、消化に時間の掛からないプロテインなどを補給するのが推奨されるわけです。
 これを唯一解とすべきではなく、それまでの自分の体調の変化などから推測しての判断なら良いですが、単に食欲が無いから食べない、というのは浅はかとしかいいようがありません。






関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : 記録

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品