にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

総評と紹介予定 in マッスル&フィットネス [2017/05]

マッスル&フィットネス 2017年05月号より

全体を一読して、印象に残った部分について


【評価】
5段階で評価
妥当性:3
新規性:2
意義:3
総合:2


【印象に残った部分】
・タバタ式トレーニングでサイズアップを図る
 私はタバタ式トレーニングをサイズアップには不適だと考えています。
 なぜなら
 有酸素的な要素が強いこと
 負荷が小さすぎること
 運動量の増加によって回復が妨げられること
 などの理由が挙げられます。
 HIITとの一種であり、体脂肪減少には効果をあげますが、筋肥大には貢献しにくいむしろマイナスの可能性があるでしょう。

一方で、明確なエビデンスはないのですが、長期的には筋肥大に貢献する可能性もあると見ています。
 その理由は、回復力の向上です。
 人の体は、負荷だけでなく、運動量にも適応します。
 そのため同じ運動量(セット数やレップ数、時間)では筋肥大しにくくなるのですが、
 逆に、回復力>破壊 でないと、そもそも筋肥大は起きません。
 むしろ筋力などはどんどん低下してしまいます。
 いわゆるオーバーワークの状態ですが、そのあと、十分な休息を取ると以前より成長する場合が多いです。
 タバタ式を一定期間追加することで心肺機能や回復能力が高まり、その期間に筋肥大は起こりにくくとも、
 運動量を落としたときに、一気に筋量や筋力が伸びる、という可能性はあると考えています。
 そのため、短期的にはタバタ式は筋肥大にマイナスかもしれませんが、年単位などの長期で見ると有意義かもしれません。
 ただし、この方法は、普通の方法で成長がしにくくなってしまった上級者のプラトー打破の一つの方法であって、普通に伸びているうちはわざわざ取り入れる意味は無いかと思います。




・スーパーヒーロの体を作るワークアウト
「悪い意味で」印象に残った記事の一つ。
 アメリカンヒーローを引用していながら、まるで関連性がわかりません。
 そもそもフィクションと現実を混同するなと。
 憧れるのは悪くないし、私もヒーロー物は好きですが、それとトレーニングを一緒くたにするのはどうかと。
 たとえばハルクのようなパワーを、と憧れるのは別にいいと思います、しかしこうしたトレーニング記事で取り上げる意味は皆無です。
 引用することでなんらトレーニング内容に改良がなされるわけではないのですから。


・サンドバッグを使った「筋トレ+体脂肪減少」プログラム
 これも、「悪い意味で」印象に残りました。
 サンドバッグを使う意味が皆無すぎる。
 クイックトレーニングかと思ったら、 「重りとして」サンドバッグを使うとは思いませんでした
 ペットボトルをウエイトに使ってのトレーニングと五十歩百歩です。
 バーベルやダンベルは「重りとして使うことに特化」しています。
 ケトルベルならまだしも別の意味があるでしょうが、サンドバッグをおもりとして使うのは意味不明すぎますね



・このルーティンが効く レベルアップ編 全身
 全身を一度にやる、というものではなく、これまでの総まとめ。
 特に効果の高いエクササイズをピックアップした記事、という位置づけです。
 ただ、ピックアップした先がそれぞれ別の目的だったのでしょうか、今ひとつ統一性がない用に思いました。
 単体で見ると問題ないのですが、並べてみると若干の違和感があります

 たとえば脚のルーティンは予備疲労法を用いて、レップ数も多く、サイズアップ重視となっています。
 一方胸や背中のルーティンは基本通り多関節種目の重いウエイト → 単関節種目の軽めハイレップスと。
 前者は上級者向きですが、後者は対象を問いません。
 もともと別記事を集約したのですから、当たり前といえば当たり前ですが。


・究極の追い込みで成長を刺激する
 サーキット形式で追い込む形とボディパートごとに追い込む形がそれぞれ紹介されています。
 別にこの形がベストとは思いませんが、仕上げにこのようなドロップセットを行うのは常套手段であり、成長のためには異論はありません。
 なお、私は、サーキット形式を取り入れようとは思いませんが、目的次第ではこちらを取り入れるべき場合もあります。
 たとえば、何らかの競技の補助として取り入れている場合です。
 その場合は部位別にトレーニングしているとは限らず、週2回全身のような方法で行う場合もあるでしょう。
 その場合は心肺機能を高めるためにも、こうしたサーキット形式のほうが良い場合もあります。
 (ここでは8種目を8レップから1レップずつ減らしてインターバル無しで1レップまで行う形)
 ただ、種目は考慮の余地があるかもしれません。
 出来ればダンベルのみで行える種目や、バーベルのみで行える種目など、スムーズに移れるものが望ましそう。







※紹介予定
ASK:体づくり、健康維持・増進に関する疑問にエキスパートが回答
トレーニングの疑問を検証:上腕二頭筋のシェイプを変えることは可能か
体が水分を必要とする7つの理由



関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : 記録

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品