にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

総評と紹介予定 in IRONMAN [2017/07]

IRONMAN 2017年07月号より

全体を一読して、印象に残った部分について


【評価】
5段階で評価
妥当性:4
新規性:4
意義:5
総合:5


【印象に残った部分】

・広背筋に効かせる合戸式トップサイドデッドリフト
・背中を丸める
・逆手で行う
・インターバル短く
・高重量
など、一般からかなり離れた部分が多いですね
記事中では、特別なものではなく、初心者にもすすめる、とありますが、やはり上級者向けのイメージです
基本を身に着けていないと非常に危険に感じました
背中を丸める、というのも、体幹から力を抜かず、ベルトを重ねて行う、など明文化しにくい様々な工夫前提だと思うからです。
試行錯誤の果にたどり着いたなら、その過程で身につくべきことが、いきなり真似するのは怪我の元と思いました



・初心者も安心、デッドリフト基本フォーム
概ね同意できることが多かったです。
初心者ー中級にはかなり有用、上級者でも役立つことはあるかと
気になったのはバーの軌道でしょうか
まっすぐ引き上げるということですが、基本は身体に沿わせて上げるべきかと。
身体から離れるほど腰引きになる上、ふとした拍子の怪我が怖いです



・強化デッド
可動域を広げて行うデッドリフトは常套手段ですが
『ジャッキ式』と言うのは初耳でした
つま先の角度を広げる方法。
いわゆるスモウスタイルです。
パワーリフティングだとスモウが多いと思っていましたが、そうでもないのでしょうか。
一昔前の話なので、今とは少し違う?



・背中で理解しておきたい5つの基本
1.肩甲骨の動き
2.ハンドルの選択
3.胴部を固定
4.マシンを軽視しない
5.グリップ幅を吟味
結構レベル感が違う気がしました。

1,3は初心者でもまず意識したいこと
2,4,5は経験に合わせて順に身に着けていきたい部分です。
そもそも背中の間隔が養われていないと



・高重量のスクワットとデッドリフトで胴太になる?
これはありえない、とも言いきれない所。
記事に述べられている通り、
「太いほうが有利」だから「高重量を使う人は太い」、という方が正しいでしょう
バスケ選手が背が高いのと同じ。
骨格的に胴部が太い人のほうが有利なのでそう見えるだけ。
直接的な因果関係があるとは思いません

ただ、高重量スクワットが出来る、ということはそれだけスクワットに力を割いているということです
腹筋トレーニングの時間もスクワットに費やしている可能性が高い
フィジーク選手などは胴部を細く見せるためのトレーニングをしているのに対して、
リフターがそうしたトレーニングをしている割合は低く、そうした理由もありそうです





※紹介予定
筋肉&減量&栄養科学
鈴木雅の誌上マッスルキャンプ 第6回 三角筋(前編)
筋量アップの三本柱




関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : IRONMAN

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品