にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

成長のカギを握るTUTトレーニング in マッスル&フィットネス [2017/09]



マッスル&フィットネス 2017年09月号より


【評価】
5段階で評価
妥当性:4
新規性:2
意義:4
総合:4


【概要】
レップの各局面を効果的な時間で行うテクニック、TUT(タイム・アンダー・テンション)を用いたトレーニングについて

TUTには主に2つの方法が用いられる。
1.時間を設定して、その間動きを止めずに行う
2.エキセントリック局面を重視して、テンポを決めて行う
後者のほうが効果が高いと言われる。

その際のポイントは以下の通り
・ゆっくり下ろす
・チーティングしない
・ウエイトは軽め。

下ろす動作が重要であるため、ゆっくりと動作を行うこと。
また、通常よりも軽めのウエイトでなければこなせない。
通常よりウエイトを20%程度減らして行う

動作速度は3-4秒で下ろし、0-1秒静止、1秒で上げて、トップでは静止させない
1レップあたり6秒とすると、8レップで50秒程度筋肉の緊張が維持されることになる

頻度としては週5回ワークアウトを行い、休養日を連続しないように入れる



例 脚の日 8~10レップずつ インターバル60秒で行う
バーベルスクワット 4セット

スーパーセットで
 ダンベルステップアップ 3セット
 ルーマニアンデッドリフト 3セット

スーパーセット
 ウォーキングランジ 3セット
 ?(落丁?)      3セット



【所感】
マッスル&フィットネスはこのTUT大好きなのか年に1-2度は紹介している気がします。
これ見るの何回目になるやら。

毎回内容的ににていて、重要なところも同じです。
筋形質を刺激しての筋肥大のためには筋緊張時間を最低40秒以上90秒ぐらいまで伸ばすことが望ましいとされています。
ここでは1レップ当たり6秒なので8~10レップというのは50秒~1分程度に当たります
1レップあたりの時間をもう少し伸ばして60~90秒ぐらいになるように設定するとなお良いかと思います。

また上半身と下半身では下半身のほうが長く必要になるので
上半身なら60秒、下半身なら90秒ぐらいとするのもありでしょうか。

種目が落丁していたり、スーパーセットと書いてるのにインターバル時間が書いてあったりして杜撰な部分も多いですが、
本質は種目の選択ではなく考え方の部分なので大きな問題はないでしょう。
スーパーセットとしているのも、筋緊張時間を伸ばすことが目的でしょうし、この場合も合わせて60-90秒以上となるようにすればよいかと思います。
拮抗筋ではなく、同じ筋群なので正確にはスーパーセットと呼ぶのはおかしいかもしれませんが、
同じ筋群を刺激して、より長い時間筋緊張時間を伸ばし、筋形質を刺激することが目的です。

栄養面は書かれていませんが、より多くのエネルギーを必要とするので
カーボは多く取る必要があると思います



関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : Muscle&Fitness トレーニング

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品