にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです
諸注意 サイトマップ 記事一覧 掲示板

Front Squat 101――『まずはフロントスクワット』 in IRONMAN [2017/10]

IRONMAN 2017年10月号より


【評価】
5段階で評価
妥当性:4
新規性:3
意義:5
総合:4


【印象に残った部分】
バックスクワット系のスタンスなどのバリエーションを除けば、
フロントスクワットは最も行うべきトレーニングの一つだと思います
競技アスリートならば、デッドリフト、スクワットの次ぐらいに行うべきです

個人的にはレッグプレスなどよりも優先度は高いですね
問題点といえば、難易度が高い、ということぐらいです


・フロントスクワットは下半身のためのだけの種目ではない
これは半分賛成半分疑問ですかね
確かに、全身の筋力向上にも役立ち、競技力を向上させるでしょうが
基本的には下半身、それも大腿四頭筋のための種目です。
というより、競技における大腿四頭筋の役割が非常に大きいのでこれを鍛えればパフォーマンスも上がります
ハムストリングスのほうが重視されがちですが、大腿四頭筋もまた重要なので。
それも単純な脚の筋力ではなく、体幹、股関節の動きなどと連動している、というのがポイントです
この点がレッグプレスに対する優位点でしょうか



・スクワットのバリエーション
ピストルスクワット、シングルレッグスクワットなど名前は色々有りますが
これは非常に有効な種目です
・左右のバランス改善
・競技能力向上
・追い込みに適する
・器具不要
・上体次第で効かせ方も変えられる
など、マシンスクワットやるぐらいならばこちらのほうが何倍も有意義だと考えています
負荷なしの片脚で行うだけでも、体重分のバーベル担ぐ以上負荷ですので、よほど出ない限り負荷が不足することはありません


ゴブレットスクワット
ダンベルやケトルベルで行うフロントスクワット、という感じでしょうか
ただ、こちらのほうが若干可動域が広い
負荷は軽くなりますが、有効な種目には違いないです、
ただ、バーベルスクワットやフロントスクワットの代替にはならないかと思うので、
あえてこれをメインに行うとしたら自宅トレーニングの場合でしょうか



ジャンプスクワット
これは速筋刺激と瞬発力向上において特に重要な種目でしょう。
速筋が刺激を受けるのは重い負荷の時と、スピードが求められる時です。
パワー向上には30%程度の負荷が良いと言われていますが、この種目はバーベル不要だと思います
たしかに多少ウエイトがあったほうが下半身のパワーは高まるのですが、バーを担ぐと危険なため
落下時に瞬間的に首付近に力がかかるのはかなり危険です
それならば、ウエイト無しで行ったほうが安全で、総合的には良いと思います。
ここでは腕のふりを利用していませんが、利用してもいいような気がします






上記の紹介部分に異論はないですが、
ルーティンの紹介例では上記の種目が入っていません
スクワット → フロントスクワット → ブルガリアンスプリットスクワット
という流れだけで十分だとは思いますが、
後半3種目を、紹介している3種目にしてもいいのではないでしょうか?
(脚のやり過ぎになるならセット数を減らして)





関連記事
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ ブログランキング
↑ 1日1クリックで管理人のやる気がUPします。
出来れば4つ連続クリックして頂けると嬉しいです

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : IRONMAN

コメント

コメントの投稿

※注意点
日記以外の記事に対して、内容と無関係のコメントはご遠慮ください。
記事と無関係のコメントは、検索から来られた方の誤解を招く恐れがあります。

また、ご質問に対しては私なりの考えを回答致しますが、検索エンジンなどで調べればすぐわかる質問はご容赦願います。
(例えば、以前『ビッグ3とは何ですか?』のような質問を受けましたが、私が答えて質問者が確認して、というのは二度手間で非効率ですし、情報の精度自体も落ちます)
 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wish List

金銭的に余裕&部屋にスペースが出来たら買いたいものリスト。 最安値を知っておきたいので、もっと安いものがあれば随時コメントください。

楽天人気商品